フィリピン・イロイロに位置するフィリピンの語学学校GITCでは日本人インターンシップ生を募集しております!

日本人インターンシップ勤務条件

GITC 日本人インターンシップ条件
勤務期間2019年1月〜 
*2019年1月以降も募集しておりますので随時お問い合わせくださいませ。
基本勤務時間月曜:平日午前8時〜午後5時
火曜〜金曜:平日午前8時〜午前10時/午後3時〜午後5時
土曜・日曜:新入生受け入れ時、卒業生空港センディングのみ
勤務先住所Punta Villa Resort, Sto Nino SurAreval, Iloilo City, Philippines
勤務期間条件最低3ヶ月
*3ヶ月未満でのご希望の方はご相談ください。
実習(業務)内容SNS(ブログ、インスタグラム、ツイッター更新) 学生生徒対応
新入生案内、卒業生センディング
学校負担宿泊費、授業料、食費、ビザ費用、ビザ代行費用、光熱費、管理費、(3ヶ月以上の勤務)3,000~5,000ペソ
自己負担航空券代金、海外保険費用、教材費
提供授業月曜:授業なし
火曜〜金曜:マンツーマン4コマ / 日

求められる人材

大学生、社会人や学歴、経験は問いません。
・思いやりを持って相談に対処できる
・何か一つでも真剣に取り込む事ができる

仕事は一から指導しますので、社会人経験がなくてもやる気があれば採用致します。

こんな人にGITCのインターンシップはおすすめです!

1.キャリアアップしたいと考えている人

GITCでは全てのスタッフがトップダウンで仕事をこなしません。GITCではあなたが考えるGITCの改善点などを提案してもっています。フィリピン人、韓国人、台湾人、ベトナム人など様々な国籍の職員が勤務しており、あなたの意見が簡単に通る環境ではありません。だからこそ、その環境でのインターンシップを通して「様々な文化や習慣を持つ同僚たちと働く」ことはグローバル社会で働くための大きな強みになることでしょう !

2.費用を抑えて留学したい人

火曜から金曜まで週4日には1日マンツーマン授業4時間受講可能です。マンツーマン授業は一般英語、試験対策英語など自分が学びたい科目をお選び頂きます。1日4時間ほどSNSの更新や学生ケアなどがありますが、同僚とのコミュニケーションは全て英語で行われるため、実践的な英語力が身につきます。

加えて、宿泊費、食費、光熱費(電気代・水道代)、SSP費用、ビザ費用、管理費用も学校で負担します!12週間では約40万円を学校が負担します!更には3ヶ月以上滞在するインターン生には更にお小遣いまであげちゃいます。

自己負担は航空券代金、交遊費、教科書代のみですなので、12週間で10万円ほどです。特に、GITCが位置するイロイロはマニラやセブに比べて地方エリアになるため、生活費は約1万円ほどでお過ごしいただけるかと思います!

まとめ

私も2011年よりイロイロのGITCでインターンシップを経験しました。日本人の常識が通用せずマイノリティーて働くことの難しさは日本で経験する事は難しいと思います。留学会社へのキャリアアップや大学院への進学など、GITCのインターンシップ経験を活かすことができました。また、日常的に英語を話す必要があるので、スピーキング力は格段に伸びたと思います!フィリピンでのインターンシップをお探しの方はぜひGITCでのインターンシップをご検討くださいませ。