~ フィリピン・イロイロ ジプニー 乗り方紹介 ~

Hello∼ YUKIです!
フィリピン留学をしていると物価が安いからといってついついタクシー使っちゃいますよね。しかし、毎回毎回タクシーを利用しているとやはり出費がかさむ…!
しかし、ここフィリピン・イロイロには日本のような電車や電車やバスがありません。なので、フィリピン人や多くのGITC学生がジプニーを使用します。

前回のブログ (フィリピン・イロイロの乗り物紹介) でも少し書きましたが、ジプニーとはフィリピン全土でみられる乗り合いバスのことです。バスといっても決められた時間に決められた場所に止まるのではなく、一定区間を走り続けています。そのため、決まった乗車場所や降車場所がなく区間ならばどこでも乗り降りすることが可能です。
えっ?!そしたらどうやって乗るの?危険じゃないの?そう思いますよね。。
ということで、今回はフィリピン留学の醍醐味でもある格安ジプニーに乗る際のポイント3点を詳しく書きたいと思います!

ジプニーの乗り方

フィリピン留学 ジプニー GITC

①まずは行き先を決め、行き先が記載されているジプニーを見つける。

GITCの前を通るジプニーは「VILLA」とかかれているのでそのジプニーに乗りましょう。
行き先は基本的にジプニーの車体の横やフロントガラスに書かれています。

②見つけたらタクシーを呼ぶように手を上げる。

大抵の場合はこの方法で止まってくれます!
満席だったり、貸切の場合には素通りされてしまいます。

③停車したジプニーの後ろから乗り込む。

車内は狭く、混んでいる時はジプニー後方についている足場に立ち乗りする地元の人もいます!はじめのうちは空いているジプニーを選んで乗った方が良いかもしれませんね!

お金の払い方

フィリピン留学 ジプニー GITC

①行き先の値段を確認。

GITC周辺のジプニーは距離によって値段が変わります。値段はジプニーの座席前方に貼られていることが多いですが、読みづらかったり、貼られていないこともあるので運転手に値段を尋ねることが間違いないです!

②乗車料金を払う。

GITC周辺ではだいたい7ペソ~15ペソ(約15〜31円)で様々な場所へ行くことができます。Gジプニーではコインを使うことが多く、値段の大きい紙幣だと受け取ってくれないこともあるのでコインを用意してから乗るようにしましょう。

お金は運転手に渡せば大丈夫です。座席が遠く直接払えない場合は運転手の近くに座っている乗客に渡すと支払ってくれます。

ジプニーの降り方

フィリピン留学 ジプニー GITC

①降りたい場所に到着したら運転手に声をかける。

はじめのうちは声をかけやすい運転手の近くに座るのが良いと思います!はやい速度で走っていると急に止まることができないので、早めに声をかけるようにしましょう。
学校の近くに停車してもらいたい場合はGITCと併設している有名リゾートホテル名「PUNTA VILLA(プンタビリア)(プンタビリア)」と伝えれば止まってくれます。

②停車してからジプニー後方から降車する。

ジプニーは前払い制なのでそのまま出て大丈夫です。

まとめ

ジプニーを利用するには乗降車位置を覚えていないと難しく感じると思いますが、GITC周辺を走っているジプニーの路線はセブやマニラに比べてとても簡単なのですぐに覚えることが可能です。
初めは、日本人スタッフも付き添うことができますので、 GITCに留学した際にはスタッフにお声がけください。

ジプニー車内は狭く、特に混んでいる時は窮屈に感じると思います。しかし、この安さで日本では味わえない異国感を味わえちゃいますので、フィリピン留学をする際はぜひ試してみてくださいね!