こんにちは~YUKIですっ!
先日、語学学校GITCでフィリピン留学中の日本人生徒さんと共にバコロドのマスカラ・フェスティバルという大きなお祭りに参加してきました。そこで、今回はマスカラ・フェスティバルについてブログを書きたいと思います!

バコロドとは…

フィリピンは大小様々な島から成り立っており、その島の1つネグロス島北部にバコロドはあります。バコロドは「微笑みの町」という別名があり、フィリピンで最も安全な都市に選ばれたこともあるほど治安がいいのです。
また、バコロドはサトウキビの名産地としてとても有名でオーガニックな砂糖を使用した甘いフィリピンのお菓子ピアヤ発祥の地でもあります。
フィリピン・イロイロに位置するGITCからは車と船を使い約3時間ほどでバコロドへ行くことが可能です。日帰りで行くこともできますが、お祭りシーズンは混雑するので泊りがけで行くことをオススメします!
フィリピン留学GITCバコロド

マスカラ・フェスティバル

このお祭りは微笑みの町バコロドを象徴し、微笑んだ顔を描いたマスクをかぶりダンスやパレードを行います。マスカラ・フェスティバルはフィリピン最大級のお祭りと言われており、周辺の住民やフィリピン留学生だけでなく世界中から観光客が訪れます。
フィリピンのお祭りは大体2週間ほど前からだんだん盛り上がっていくことが多く、マスカラ・フェスティバルは毎年10月中旬頃から開催され、今年2018年のハイライトは10/27〜28でした!

マスカラ・フェスティバル見所

一番フェスティバルが盛り上がる場所が港から約15分程歩いた町の中心地!SMショッピングモールも近く、とても交通の便が良いです。
こちらのエリアでは朝から昼過ぎにかけてパレードが行われます。私が見た時は子供たちがカラフルな衣装をまとい、暑い中一生懸命踊っていました!

周辺には露店が多く出店していて、洋服やフルーツ、雑貨など様々なものがお安く購入することができます。私はお祭りに浮かれていろいろ買ってしまいました…(笑)
また、お祭り会場から歩いて行ける範囲内にサン・セバスティアン大聖堂という大きな教会があり、バコロドの観光地となっているので是非覗いてみてくださいね!
フィリピン留学GITCバコロド

マスカラ・フェスティバルはとても大きなお祭りで夜になると会場は約2㎞にまで大きくなります!道も歩行者天国となり夜の飲食をメインとした露店が多くなるので、皆そのロードでご飯やお酒を食べ飲みしながらパレードや生バンドを楽しんでいました!

マスカラ・フェスティバルに参加する際の注意点

*スリに注意
いくら治安のよい町だといってもここは海外です。気を抜かず注意しましょう。
特に夜は最も盛り上がり、前に進むことができないほど人が多かったので、くれぐれもポケットにそのまま財布や携帯を入れないように!

*ぼったくりに注意
露店で買い物をすると値段表示されてないことが多いので、フィリピン留学生や観光客だとぼったくられることが多々あります。
そのため、いくつかのお店をチェックし、相場を知っておくと良いでしょう!

*船のチケット取得はお早めに
お祭りシーズンは船が混み合い、実際にGITCの生徒さんで帰りの船のチケットが取得できず、やむ終えずもう一泊したという人もいるほどです。船のチケットは行きに取得する際、同時に帰りのチケットも取得すると良いでしょう。

まとめ

マスカラ・フェスティバルは日本のお祭りとは少し異なり、町全体で盛り上がるのでどこもかしこもお祭り一色になり、とても楽しいです!イロイロから船で1時間半とお手軽に行くことができるのでGITCの先生方は毎年参加しているそうですよ!
バコロドのフェスティバルの他にも、イロイロでは1月に大きなお祭りがあるので、GITCでフィリピン留学をする際にはお祭り情報もみてみてくださいね!!
フィリピン留学GITCバコロド